前へ
次へ

将来のためにも医療保険を見直そう

今加入している医療保険を見直すかどうか悩む人もいるかもしれません。
解約するのはもったいないし、見直しの手間もかかります。
しかし、見直しは自分に適した医療保険を選ぶ上で大切なことなのです。
まずは加入している医療保険の保障期間を確認します。
5年や10年といった定期型の場合、満期になったら見直すことになります。
求める保障内容は年月が経てば変わってきます。
体力があるうちはいいですが年を取ってくると衰えが気になってきます。
大きな病気のリスクが高まる時期に、それらの保障がない医療保険を継続してもリスクがあります。
なるかどうかは分かりませんが見直すことによって備えるべき病気の保障が手に入ります。
また、生涯で支払う保険料を下げられる可能性もあります。
保険料は年齢が上がるにつれて上がります。
20~40代くらいはそれほど差がありませんが、50代くらいになるとかなり上がります。
特に年金が収入となる60代以降は年金だけに頼るのは難しくなります。
老後の生活に困らないためにも、定期型の医療保険なら見直して終身型に切り替えるようにしましょう。

Page Top