前へ
次へ

掛け捨て型の医療保険のあれこれ

掛け捨て型の医療保険のデメリットとしてあるのが病気や怪我をしなかった時にまるまる保険料が無駄になるということです。
これは正しい意味でもあるのですが実際問題として全く無駄になっているというわけではないです。
それは保障があったのだから、という意味ではなく、確定申告などで保険料をというのは節税に使うことができる人もいたりするわけですからそちらの意味において全てが無駄になっているというわけではないと言えるわけです。
しかし病気や怪我をしなかった時に大きくリターンが来ないというのは間違いないことになりますからその点が嫌で掛け捨て型の医療保険は避けているという人もいます。
ですが、保険というのは基本的にそういう性質を持つものであるのは間違いないわけですし、掛け捨て型は間違いなく保険サービス料が安いということになりますのでとにかく本当に困る時に保障を受けられればそれで良いという人であれば掛け捨て型の方がお勧めできます。

Page Top