前へ
次へ

医療はサービスという感覚で取り組もう

医療スタッフになって病院やクリニックで働いていると、患者とのコミュニケーションで悩まされることがあります。
患者がモンスター化するという問題はニュース等でも取り上げられることがしばしばありましたが、現場で働いていると多かれ少なかれモンスターペイシェントとのやり取りに苦労することがあるのです。
ただ、その問題がどこから生まれたのかはよく考えてみる必要があります。
病気で精神的に少しおかしくなってしまっていたのが原因の場合もないわけではありません。
しかし、実際には医療現場でのサービスに対する不満が根本原因のことが多いのです。
患者がそれを説明しようとしなかったり、原因がわからないけれどイライラを感じてしまったりしてトラブルが発生するパターンはよくあります。
このような事態に陥らないためには、医療はサービスだという自覚を持って日頃から働くことが大切です。
患者を第一と考えて徹底したサービスを提供するように心がけていればモンスター化で悩まされることは少なくなります。

Page Top